日野、八王子、多摩の皮膚科は川野皮膚科医院、日曜日診療を行なっています

 土曜・日曜も診療しています 
Tel.042-599-3320
 平日 9:00~12:30 15:00~18:30
 土曜日 9:00~16:30
日曜日 9:00~12:30 14:00~16:30

お悩み別メニュー

シミ・そばかす・肝斑
しわ
たるみ
赤ら顔
イボ、ほくろ
脱毛
美肌、くすみ
毛穴
にきび、ニキビ跡
小顔
痩身
たるみ

お悩み別診療項目

シミ・そばかす・肝斑

イラスト:シミ・そばかす・肝斑

  シミとは

一般的に一番多くみられるシミは紫外線の影響によるものです。通常、肌は紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニンという色素を出して防御しますが、加齢によってメラニンを分解する力が弱くなり肌に沈着してしまった状態です。シミと一口に言っても、紫外線が原因のものから、遺伝性の要素が強いものまで人によって様々な原因があります。

大きく、老人性色素班、そばかす、肝斑、ADMと呼ばれる4種類に大別されます。

それぞれシミの種類によって治療法が異なるうえ、様々なシミが合わさって出来るケースがあるので、十分に経験を積んだ医師による診察を受けることをお勧めします。当院では皮膚科専門医が、一人ひとりのシミの状態に合わせて、最適な治療法をご提案させていただきます。

老人性色素班とは?

老人性色素班とは?

シミの中でも、最も多くみられるものです。長年紫外線を浴び続けた結果、メラニン色素が肌に沈着してしまうことによって起こるものです。老人性と名がついていますが、過剰に紫外線を浴びることによって若い方にもみられることがあります。主に紫外線を浴びやすい、手やほほにできる傾向があります。レーザー治療によく反応するので、治療の効果が出やすいシミです。

そばかすとは?

そばかすとは?

1mmから2mmほどのポツポツとした小さな茶色いシミが顔の広い範囲に現れることが特徴です。主に思春期によくできるシミで、多くは鼻から徐々に広がっていく主に遺伝的な要素が強いシミです。若いうちに治療し、その後の紫外線ケアをキチンと行えば、再発の可能性が少ないので、出来るだけ早期の治療をお勧めします。

肝斑とは?

肝斑とは?

左右両合に広がってできることが特徴のシミです。30~40代によくみられるシミで、他のシミと一緒に現れることが多いシミです。治療法としては、高出力のレーザーを当てると悪化してしまうので、内服薬と外用薬でじっくりと時間をかけて治療することが求められます。他のシミと併発している場合には、まずは肝斑の治療を優先します。

ADMとは?

ADMとは?

肝斑と同じく左右両側に広がってできることが特徴ですが、厳密にいえば、アザの一種です。肝斑と異なり、やや青みがかって見える傾向があります。肝斑との判別は難しいですが、20代前後から左右対称にできることが多く、シミが何歳ころから発生したかも一つの判別の基準となります。皮膚の深部にできるため、老人性色素班のように一気に色が薄くなりにくく、結果が出るのにある程度時間がかかります。

おすすめのメニュー

-----

しわ

イラスト:しわ

  しわとは

紫外線の長期暴露により、皮膚の膠原繊維や弾性繊維の変性し、小じわ、ちりめんじわが形成されます。これを光老化と呼び、日ごろからの紫外線対策が必要です。ピーリング(マッサージピール)、ダーマペンやフラクショナルレーザーなどで治療をいたします。

一方、眉間や目じり、額などにできるシワは表情じわと言って、表情を作るために存在する顔の筋肉の収縮によって出来上がるシワで、老化とともにそれが深く目立っていきます。ボトックスを注入することで過剰な筋肉の働きを弱めていきます。また、定期的に注入することで将来深いしわが形成されるのを予防することもできます。

おすすめのメニュー

-----

たるみ

イラスト:たるみ

  たるみとは

顔面には顔の形を維持するために複数の靱帯が存在し、それが家でいう柱の役割をしています。加齢とともに、その柱が弱くなり、顔の脂肪や筋肉が垂れ下がっていき、ほうれい線、マリオネット線、ゴルゴ線と呼ばれる深いしわが形成されます。たるみの治療は、皮膚の深い層に熱を与えて収縮させていく治療や、弱くなった柱(靱帯)を補強するためにヒアルロン酸を注入する方法などがあります。

おすすめのメニュー

-----

美肌、くすみ

イラスト:美肌、くすみ

  くすみとは

くすみとは肌全体または目の周りや頬などに生じ、肌の赤みが減少して黄みが増し、または肌のツヤや透明感が減少し、明度が低下して暗く見える状態です。
老化や肌荒れなどで角層が厚くなると、メラニンの影響を受けて肌の色が暗くなったり、血行が悪くなることでくすんで見えたりと、いくつもの原因があります。
それぞれ改善方法が異なるため、見極めるのが重要です。

おすすめのメニュー

▶ マッサージピール

▶ 美白点滴

▶ トラネキサム酸内服

▶ 高濃度ビタミンC内服

▶ ハイドロキノン外用

▶ トレチノイン外用

-----

毛穴

イラスト:毛穴

  毛穴とは

毛穴は手のひら、足の裏以外の全身に無数に存在する本来あるべき器官です。顔面の毛穴は皮脂腺と一体となっており、そして皮脂の分泌も盛んな場所であるため目立ってきます。毛穴、皮脂腺そのものは正常な器官として存在しているものなので、それ自体を無くすことは不可能です。毛穴に黒い毛が存在することで黒く目立つタイプであれば脱毛レーザーの照射を試みます。毛穴が塞がっているタイプ、肌そのものにはりがなくなって、結果として毛穴が広がっているタイプなど、お肌の状態に応じたご相談をさせていいただきます。

おすすめのメニュー

-----

にきび、ニキビ跡

イラスト:にきび、ニキビ跡

  にきび、ニキビ跡とは

ニキビは、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という皮膚の疾患です。思春期以降にできることが多く、毛穴の皮膚が固くなることから症状が始まっていきます。炎症を繰り返していくうちに、やがて皮膚に凹凸のあるニキビ痕ができます。ニキビ痕になってしまうとそれを治療するのが大変になりますので、早い段階から炎症を繰り返さない肌へと治療することが重要です。当院では保険診療と自費診療の多くの治療選択肢がありますので、その時の状態に合わせたご提案をさせていただきます。

おすすめのメニュー

-----

赤ら顔

イラスト:赤ら顔

  赤ら顔

赤ら顔は、毛細血管が通常よりも拡張し、常に皮膚表面から透けて見える状態です。寒暖差や乾燥、紫外線などの外気の変化で、赤みが強くあらわれます。
毛細血管の拡張は、小鼻や頬など、部分的にみられるものもあります。
血管拡張は、合わない化粧品の長期使用などが原因になることもあります。

-----

イボ、ほくろ

イラスト:イボ、ほくろ

  イボ、ほくろ

メラニン色素を含む細胞(メラノサイト)が、皮膚の一部に高い密度で集まった際にできたものを「ほくろ」と呼び、皮膚が盛り上がったできものを「いぼ」と呼びます。
ほくろ、いぼともに原因や症状は異なりますが、当院では炭酸ガスレーザー、もしくは切除術によって取り除くことができます。

おすすめのメニュー

-----

脱毛

イラスト:脱毛

  脱毛

おすすめのメニュー

-----

小顔

イラスト:小顔

  小顔

エラボトックスとは、エラ張りを解消できる小顔施術です。エラ張りの原因となっている筋肉にボトックス(ボツリヌストキシン)を注射することで筋肉を萎縮させ、スッキリとした小顔になります。エラボトックスは切開不要のためダウンタイムが短く、手軽に小顔効果を実感できるため人気の施術となっております。

おすすめのメニュー

-----

痩身

自力ではなかなかダイエットが続かない方、内臓脂肪が多い方、年齢とともに痩せにくくなってきていると感じる方、運動不足の方、当院にご相談ください。



おすすめのメニュー