いぼ・ほくろ除去

当院のイボ・ほくろ除去
治療機器のご紹介
CO2レーザー治療の施術の流れ
炭酸ガスレーザー後の自宅での処置方法について

当院のイボ・ほくろ除去

炭酸ガスレーザー治療

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療とは、レーザーの力で病変部位のみの水分を蒸散させ除去する治療です。イボなどの隆起性病変の治療に適しています。
液体窒素療法やメスによる除去と比較して、広範囲のイボを色素沈着・傷跡を最小限に治療できることが特徴です。


イボCO2レーザー

施術前

施術前

施術後

施術後

首全体に多数ある場合

施術前

施術前

施術後

施術後

首全体に照射し、イボ100個を除去。このように目に見えない部分にもイボは隠れており、取り残すと再発の可能性が高まります

治療機器のご紹介

炭酸ガスレーザー治療

シネロン&キャンデラ社 フラクショナルCO2RE

さらに美しい素肌へ、最新のデジタルテクノロジーを用いた炭酸ガスレーザー

治療機器

スキャナ付炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーは水に反応するレーザーです。レーザーを照射することで皮膚に存在する水分に反応し、その結果熱が生じ、瞬時的に気化蒸散することで皮膚を削っていきます。
従来の炭酸ガスレーザーは手元で調整して削るため、均一に削ることが困難でした。CO2REの炭酸ガスレーザーはスキャン径を選択することで患部を均一に削ることが可能。スキャナ付炭酸ガスレーザーにより周囲の組織へのダメージ、傷痕を最小限に抑えることができます。照射する前に局所麻酔を行ってから照射します。CO2レーザーを当てた後は創部が凹みます、時間が経つと徐々に修復してきます。肌の修復機能を高めるためには、患部を清潔に保護しておくことが必要です。そのため当院にある貼付剤を施術部位に使用し保護を行ってください。

症例:イボ、ほくろ除去

シネロン&キャンデラ社フラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE ≫

CO2レーザー治療の施術の流れ

基本的なCO2レーザー治療の施術の流れをご紹介します。

STEP1 診察

写真:診察

患部を確認し、CO2レーザーの適応の有無を医師がご確認いたします。

STEP2 麻酔

照射部位に麻酔を行います。(30分程度)

STEP3 施術

写真:施術

患部にCO2レーザーを照射します。(最大30分程度)

STEP4 アフターケア

写真:女性のイメージ

治療後の患部のケア法について説明いたします。

炭酸ガスレーザー後の自宅での処置方法について

イラスト:炭酸ガスレーザー

CO2レーザーを当てた後は創部が凹みます、時間が経つと徐々に修復してきます。
肌の修復機能を高めるためには、患部を清潔に保護しておくことが必要です。
そのため、以下の手順に従って、創部の保護を行ってください。

手順

イラスト:炭酸ガスレーザー

①お渡しした貼付剤を施術部位の大きさより少し大きめに切り抜いて貼ってください。
当日は創部を洗わず、貼り付け剤の交換だけにしてください。

②貼り付け剤は基本1日1回の交換ですが、最初の1~2日は浸出液(傷口から出る無色~薄黄色の細胞液)が多くでますので、白くふやけてきたらその都度交換してください。
部位や大きさによっては1日数回交換することになる場合があります。

③翌日から洗顔するときは、貼付剤をはずしてから創部を含めて洗い流していただき、タオルドライした後に貼付剤を貼ってください。

以上を、10日前後(状態により2週間)ほど続けてください。次回診察時にいつまで続けるかを医師が判断します。

注意事項

  • 治療後は患部の日焼けに十分注意してください
    (1ヶ月以内に強い日焼けをしている方は、施術を避けてください。)
  • 施術箇所が赤く腫れることがあります
  • 患部の症状によっては1度の施術で治療が完了しない場合があります